組合員紹介

株式会社薗部染工
SONOBE SENKOU


墨流し染というこだわりの技術と共に
時代のニーズにあったより良い着物を創るべく
日々精進と努力を重ねております。

昭和45年創業の弊社は、「創造の心、挑戦の心、感謝の心」の社是のもと、その時代のニーズにあったより良い着物を創るべく日々精進と努力を重ねてまいりました。
特に、墨流し染というこだわりの技術で染められた着物は業界のみならず実際にお召し頂いたお客様からも好評を得ています。

技法のご紹介

  • 墨流し染を極めて

    白生地へ転写した瞬間。
    息のあった作業はリズミカルで一瞬にして、染料が吸い込まれます。

  • 吹雪染

    吹雪の名のとおり、「エアブラッシング」つまり染料を霧状にして生地に吹きつけてゆく技法です。
    幾度かに分けてエアブラッシングされた生地には、豊富なボリュームと立体感が生まれます。
    一反の生地を、最初から最後まで同じ調子で仕上げなければならない、確かな技術が要求される染色です。

  • 枠場染

    一反の生地を手もとで移動できるように組み立てられた枠場で、刷毛を使って色を染めてゆきます。
    張られた生地のうえを、熟練した人の手と一体となった刷毛が、正確なリズムを刻んで進んでいきます。
    繊細な心配りが色となり形となる、緊張感あふれる染色のスタイルです。

受賞作品のご紹介

  • 着物

    墨流し技法により鳳凰を表現しております。鳳凰は、中国で創造上の吉兆の鳥、鳳は雄、凰は雌と言われています。

  • 着物

    墨流し技法とのり流し技法により雲海を表現しております。

  • 反物

    書きのり技法によるぼかしで全面を7段階に染め分け、墨流し技法により遠近感を出し、蔦は手描染で表現しております。

  • 反物

    墨流し技法による3種類の柄で市松を表現し、四方の角はのり流し技法で明るい色に染めております。

会社概要

企業名

株式会社 薗部染工

所在地

〒615-0903 京都市右京区梅津堤下町24
TEL:075-872-0036
FAX:075-872-0036

創業

昭和45年10月

所属組合

京都友禅協同組合

沿革
昭和42年4月 独立
昭和45年10月 株式会社 薗部染工設立
平成元年4月 墨流し技法発表
企業理念

創造の心
挑戦の心
感謝の心

本墨流し染について

平安の昔、宮中の女人が、水に墨を落としたのが、始まりとされています。その後、和紙の加工技術の中で、発展し現在では、正絹の着物にその加工が用いられる技術が完成しました。
墨流しとは「水に墨(黒)(苦労)を流す」言葉の例えの如く、日本人にとっては、ありがたい図柄とされています。
また、そのデザインが、同じものが出来ない事で本当の一点物となり、他に例を見ない究極の染色と言われ現在各方面から注目を集めています。(代表作家:薗部 正典)

マップ

Copyright Kyoto Yuzen Cooperative.